PR

ニュース 政治

【安倍首相の防大卒業式訓示の全文(下)】「誇りを持って職務を全うできる環境整備に全力を尽くす」

 世界に自衛隊の名を知らしめたのは、(1991年の)ペルシャ湾への掃海隊の派遣だ。落合(●(=田へんに俊のつくり)=たおさ)指揮官率いる部隊が任務にあたった海域は、海底パイプラインが縦横に走り、ダイバーが手探りで機雷を探さなければならない、各国が手を出せなかった最も厳しい難所だ。そうした中でも10年以上にわたる精緻な研究、あらゆる事態を想定した訓練、その全てを傾けて、自衛隊の掃海部隊は見事に任務を完遂してくれた。部隊は(広島県の)呉港に無事帰還し、半年にわたる活動を終え、充実感に包まれる部隊、充実感に包まれる隊員たちを前に、落合指揮官は世界が称賛した自衛隊史に残る作戦の最後をこう締めくくった。

 「実力は一日にしてつくものではない。不断の錬磨がなければ、いざというときの力の発揮にはつながらない」

 いついかなる状況であろうとも、与えられた任務を完璧に全うする。並大抵のことではない。極度の重圧がかかる現場において、その瞬間がやってきたときには、必ずや国民の期待に応える、その強い決意の下に日頃から鍛錬を怠ることなく、地道な努力を重ねてほしい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ