PR

ニュース 政治

【安倍首相の防大卒業式訓示の全文(上)】「常識を疑い、時代に応じて変化することを恐れるな」

防衛大学校卒業式典で訓示を述べる安倍晋三首相=17日午前、神奈川県横須賀市(佐藤徳昭撮影)
防衛大学校卒業式典で訓示を述べる安倍晋三首相=17日午前、神奈川県横須賀市(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 安倍晋三首相は17日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し「激変する安全保障環境の中にあり宇宙、サイバー、電磁波といった領域で、わが国が優位性を保つことができるよう抜本的に異なる速度で変革を進める」と述べた。訓示全文は次の通り。

 本日、伝統ある防衛大学校の卒業式にあたり、これからのわが国の防衛の中枢を担う諸君に心からのお祝いを申し上げる。卒業おめでとう。

 諸君は、平成最後の卒業生となる。平成は自衛隊への国民の信頼が揺るぎないものとなった時代だ。地下鉄サリン事件、2度の大地震をはじめとした相次ぐ自然災害。その過酷な現場での救助活動に自衛隊の諸君は躊躇することなく、真っ先に飛び込んでくれた。未曽有の危機に直面した人々にとって、その姿はまさに大きな希望の光であった。

 平成は世界を舞台に、その平和と安定のために自衛隊が大きな役割を果たした時代だった。湾岸戦争、米国における同時多発テロ、冷戦終結によって、平和な時代の到来を予想した世界は、地域紛争、テロの拡散といった新たな事態に直面することになった。もはや一国のみで、どの国も自国の安全を守ることができない時代になってきた。

 自衛隊はその高い能力を存分に生かし、40を超える国と世界の海で、その平和と安定のために貢献してきた。灼熱の南スーダンで整備したグラウンドはアフリカの次の時代を担う子どもたちの笑顔であふれている。東ティモールでマラリアと闘いながら築き上げた道路は首都ディリと各地方を結び、国家の自立と発展を支える大動脈となっている。他方、冷戦終結後の世界では日米同盟について「漂流している」とさえ言われたときがあった。しかし助け合う同盟は、その絆を強くする。平和安全法制の成立によって日米同盟はこれまでになく強固なものとなり、地域の平和と安定に一層寄与するものとなった。

 昭和が終わり、平成が始まったとき、誰もが予測できなかった変化がこの30年間で起こり、自衛隊はその変化にしっかりと対応し、進化を遂げてきた。適者生存という言葉がある。生存競争において、勝ち残ることができるのは最も力があるものではない。その環境に最も適応したもの、すなわち環境の変化に柔軟かつ迅速に対応できたものだ。世の中は私たちが望むと望まざるとにかかわらず、これからも変化を続けていくだろう。だからどうか、昨日までの常識を常に疑ってください。そして時代に応じて変化することを恐れないでほしい。国民のための自衛隊、世界の平和と安定に貢献する自衛隊、そのさらなる進化に向けて時代の変化に目をこらし、日々自己研鑽に励んでほしい。

 今この瞬間も、これまでとは桁違いのスピードでわが国の安全保障環境は厳しさと不確実性を増している。サイバー空間や宇宙空間における活動に各国がしのぎをけずる時代となった。軍事技術は格段のイノベーションを遂げ、陸海空における対応を重視してきた国家の安全保障のあり方を根本から変えようとしている。もはや今までの延長線では対応できない、陸海空、従来の枠組みにとらわれた発想のままではこの国を守り抜くことはできない。

 激変する安全保障環境の中にあって、必要なことはわが国自身が国民の命と平和な暮らし、領土、領海、領空、主権と独立を主体的、自主的な努力で守る態勢を抜本的に強化する。そして、自らの果たしうる役割の拡大を図っていく。新しい防衛大綱の下、宇宙、サイバー、電磁波といった領域で、わが国が優位性を保つことができるよう次なる時代の防衛力の構築に向け、今までとは抜本的に異なる速度で変革を推し進めていく。どんなにすばらしい戦略も、作文それ自体には意味がない。この戦略に魂を入れるのは諸君だ。その矜持をもって、自衛官としての任務を全うしてください。

=(下)に続く

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ