PR

ニュース 政治

大阪ダブル選 公明、小西氏に推薦状 自民と連携強調

公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(左)から推薦状を受け取る小西禎一氏=16日午前、大阪市西区
公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表(左)から推薦状を受け取る小西禎一氏=16日午前、大阪市西区
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)らが辞職するのに伴い、4月7日に投開票される知事・市長のダブル選で、公明府本部は16日、自民党が知事選に擁立した同府元副知事の小西禎一氏(64)に推薦状を交付した。佐藤茂樹代表から推薦状を受け取った小西氏は「これ以上、維新府政を続けさせない」と改めて決意を語った。小西氏は自公などの推薦を受け、無所属で出馬する。

 公明府本部は自民が市長選に立てる元大阪市議、柳本顕氏(45)の推薦も決定。首長選は原則自主投票だった従来の対応を転換し、自公連携と反維新での共闘を強く打ち出した。

 推薦状の交付後に会見した佐藤代表は「小西氏は副知事時代にすぐれた行政手腕を発揮された。人物本位で推薦を決めた」と説明。従来の自主投票から踏み込んだ理由について「今回のダブル選は維新の党利党略。維新政治から府民・市民本位の政治を取り戻さないといけない」と強調した。

 ダブル選をめぐっては、松井氏が市長選に、維新政調会長の吉村洋文市長が知事選に、それぞれ立場を入れ替えて立候補することを表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ