PR

ニュース 政治

大阪ダブル選の構図固まる 自公は連携に不安

自民党から大阪市長選への出馬要請を受け、二階俊博幹事長(中央左)と握手する柳本顕氏=15日午後、東京・永田町の党本部(春名中撮影)
自民党から大阪市長選への出馬要請を受け、二階俊博幹事長(中央左)と握手する柳本顕氏=15日午後、東京・永田町の党本部(春名中撮影)

 大阪府知事・大阪市長のダブル選挙(4月7日投開票)の対決構図が固まった。「大阪都構想」を実現させたい地域政党「大阪維新の会」に対し、自民党は独自候補を擁立、公明党は今回、都構想に反対として自民系候補を支援する方向だ。もっとも、自民党は候補者選考で右往左往し、公明党は大阪で維新と連携してきた。自公は一枚岩となれるか不安を抱えたままの選挙戦となりそうだ。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は15日、市長選出馬を決断した柳本顕(あきら)元市議と官邸で面会した。柳本氏によると、首相は「国でも自公、地方でも自公という態勢をつくらなければならない。しっかりと自公で勝ち抜かなければ次の衆院大阪12区補欠選にも響く」と激励した。

 大阪ダブル選は、市長選は松井一郎知事(日本維新の会代表)と柳本氏、知事選は吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)と自民党推薦の元副知事、小西禎一(ただかず)氏がそれぞれ争う。

 自民党は二階俊博幹事長が知事選告示日の21日に大阪入りする力の入れようだが、候補擁立に苦心した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ