PR

ニュース 政治

堺市長記載漏れ1億円 政治資金への甘すぎる認識 

竹山修身堺市長の問責決議案を可決した堺市議会=14日
竹山修身堺市長の問責決議案を可決した堺市議会=14日

 多額の政治資金収支報告書の記載漏れが発覚した竹山修身市長に対し、問責決議案を可決した14日の堺市議会。提案した会派からは「責任は重く厳しく責任を問われるのは当然」(自民党)、「疑念が晴れないまま混迷を極めている」(公明党)と批判する声が上がった。竹山氏は、閉会後の会見で、「厳粛に受け止める」と陳謝したが、議会や市政運営における影響力低下は必至だ。

不信任決議は反対も…

 議会では、竹山氏との対立が続く大阪維新の会堺市議会議員団が「堺市長の名誉を毀損し、権威を大きく失墜させ、市議会はもとより堺市全体を大きな混乱に追い込んだ」と強く非難、不信任決議案を提案したが否決された。

 維新を除く各会派が否決した背景には、以前に政務活動費の不正受給を指摘された維新の市議(のちに離党、辞職)を、維新市議団が「司法判断が出てから判断すべきだ」として擁護したことへの反発がある。不信任決議案に対する反対討論でも、各会派は竹山氏を非難しつつ「曖昧なまま幕引きをはかるのではなく説明責任を果たす必要がある」などと慎重な姿勢を崩さなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ