PR

ニュース 政治

自民県議団、知事出席で県議を注意 国会議員と温度差 埼玉

 上田清司知事と対決姿勢を強める自民党県議団は12日、東松山市内で10日に開いた県政報告会で上田知事を招いたとして、地元選出の横川雅也県議(自民)を厳重注意した。県議会で党県議団は多選自粛条例を反故(ほご)にした上田知事と対立しており、県議団内にくすぶる不満を抑えるためだ。

 ただ、上田知事に出席を呼びかけたのは、距離が近い地元選出の衆院議員。統一地方選や次期知事選が迫る中、国会議員と県議との温度差が浮き彫りになった。

 小島信昭団長は同日、厳重注意について記者団に「県議団の中には同情もあるが、結果責任もある。党内で上田知事を招くことを良く思わない人もいるので、こういう形になった」と述べ、一定のけじめをつける必要があったとの認識を示した。

 自民党県議団によると、横川県議は上田知事の出席を断っていたが、それに反して地元選出の衆院議員が呼びかけ、上田知事が来賓として出席することになった。このため、党県議団は県連を通して県内選出の国会議員に対し、上田知事と対立する県議会の特殊事情に配慮してもらうよう要請する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ