PR

ニュース 政治

「セールスと交渉は断られた時から始まる」 二階氏、谷垣氏の出馬固辞も並々ならぬ意欲

谷垣禎一前幹事長との会談に向かう自民党の二階幹事長=13日午後、東京都内のホテル
谷垣禎一前幹事長との会談に向かう自民党の二階幹事長=13日午後、東京都内のホテル

 自民党の二階俊博幹事長は13日、都内のホテルで、自転車事故で頸(けい)髄(ずい)を損傷して衆院議員を引退した谷垣禎一前幹事長と会談し、夏の参院選への出馬を求めた。谷垣氏は「リハビリを中心に生活していく」と固辞した。意志は固いとみられるが、二階氏は谷垣氏の出馬に強い意欲を見せている。

 会談後、谷垣氏は記者団に「退院して1年数カ月たち、自分ができることがわかってきた。(二階氏には)リハビリを中心に人に迷惑をかけないよう生きていくと話した」と述べた。

 一方、二階氏は記者団に「言葉も明朗闊達(かったつ)で、力強く思った。元気で帰ってこられる日をお待ち申し上げたいと党幹部全員の気持ちを伝えた」と述べた。

 関係者によると、二階氏は会談で「セールスと交渉は断られたときから始まる」と語るなど、谷垣氏の出馬に並々ならぬ意欲をみせた。さらに、固辞する谷垣氏に「(参院選の)公示2日前までに言ってくれれば間に合う」とも述べた。

 党内には谷垣氏の政界復帰への待望論が強い。谷垣氏は「ハト派」の代表格で安倍晋三首相との関係も良い。党の多様性をアピールできるほか、参院選比例代表で出た場合も一定の得票を期待できるからだ。

 二階氏が「あり得る」と言及し、党内で安倍首相の党総裁連続4選論が出ていることについて、谷垣氏は「(二階氏も)参院選や統一地方選で、どのように道を切り開いていくか考えているんだと思う」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ