PR

ニュース 政治

谷垣氏、二階氏から参院選出馬要請も固辞「リハビリ中心に生活」

会合のため都内のホテルに入る谷垣禎一(前幹事長)=13日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影)
会合のため都内のホテルに入る谷垣禎一(前幹事長)=13日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影)

 平成28年に自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して衆院議員を引退した自民党の谷垣禎一前幹事長が13日、東京都内のホテルで二階俊博幹事長と会談した。二階氏が夏の参院選への出馬を要請したが、谷垣氏は「リハビリを中心に生活していく」と述べ、辞退した。

 谷垣氏は面会後、記者団に「退院して1年数カ月たち、自分ができることがわかってきた。(二階氏には)リハビリを中心に人に迷惑をかけないよう生きていくという話をした」と述べた。

 関係者によると、二階氏は会談で「セールスと交渉は断られた時から始まる」と語るなど、谷垣氏の参院選出馬に強い意欲を見せたという。

 会談は、谷垣氏が2月の党大会でスピーチを行ったことから、二階氏がお礼を伝えるため呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ