PR

ニュース 政治

違法DL規制拡大の著作権法改正案、政府・自民が提出見送り

自民党の赤池誠章参院議員
自民党の赤池誠章参院議員

 政府・自民党は13日、インターネット上の海賊版対策として違法ダウンロード(DL)の規制対象を全著作物に拡大する著作権法改正案について、今国会への提出を見送る方針を決めた。過剰な規制拡大をめぐり「ネット利用を萎縮させる」などの懸念に配慮した。次期臨時国会に向け、再検討する。

 自民党の文部科学部会と知的財産戦略調査会は13日の合同役員会で、改正案を練り直すよう文化庁に求めた。赤池誠章文科部会長は記者団に「関係者や国民の不安・懸念を払拭すべく、丁寧な手続きを進め、次期国会に向けて仕切り直しをする」と説明した。

 柴山昌彦文部科学相は記者団に「十分な理解を得られなかった。国民の声を丁寧にうかがいながら、検討していきたい」と述べた。

 改正案は、違法DLの対象を現行の音楽・映像から漫画や書籍、研究論文などすべての著作物に拡大することが柱。ネット上の著作物の表示画面を保存する「スクリーンショット」も著作権を侵害していると認識すれば違法になる。

 漫画家や研究者だけでなく、党内からも異論が相次ぎ、安倍晋三首相が違法DLの対象範囲拡大の項目削除を指示していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ