PR

ニュース 政治

自民・二階幹事長「安倍総裁4選あり得る」

Messenger
会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長(中央)=12日午前、国会内(春名中撮影)
会見で記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長(中央)=12日午前、国会内(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、安倍晋三首相の党総裁連続4選論について「党内外や海外からの支援もあり、この状況では十分あり得る。首相は党員の期待に応えて頑張っている」と述べた。堅調な内閣支持率に加え、トランプ米大統領やプーチン露大統領と個人的な友好関係を築いている首相を評価しての発言とみられる。

 党則が認める任期が連続3期9年までとなっていることをめぐっては「余人をもって代え難いときは、何ら問題はない」と指摘。党内の意見を幅広く聴取する必要があるとの考えも示した。

 4選論は、首相に近い加藤勝信総務会長も2月と3月の講演で2度言及している。総裁任期は平成29年の党則改正で連続2期6年から連続3期9年に延び、首相の任期は33年9月までとなった。4選には党則を再び改正する必要がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ