PR

ニュース 政治

首相「重要法案の一日も早い成立へ緊張感もって対応」 政府与党連絡会議

Messenger
政府与党連絡会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
政府与党連絡会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=12日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は12日の政府与党連絡会議で、直後の衆院本会議で幼児教育・保育の無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案が審議入りすることに触れ「(平成31年度)予算と重要法案を一日も早く成立させ、政策を前に進めていけるよう緊張感を持って丁寧な説明に努めていきたい」と述べた。

 千葉県野田市の小4女児死亡事件を受けた児童虐待防止法などの改正案について「与党の意見も踏まえ、体罰禁止の法定化や児童相談所への弁護士の配置促進、DV(ドメスティックバイオレンス)対策との連携強化など実効性ある施策を盛り込み、近く国会に提出する」と明らかにした。

 首相は、11日に東日本大震災発生から8年を迎えたことに関連し、平成32(2020)年度に廃止される復興庁の後継組織について「政治の責任とリーダーシップの下、政府一丸となって対応するための組織を置く。与党の意見も踏まえながら具体化を進めていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ