PR

ニュース 政治

首相、日中関係「完全に正常な軌道に戻った」 参院予算委で

参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=6日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=6日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は6日午前の参院予算委員会で、日中関係について「完全に正常な軌道へと戻った日中関係を新たな段階へと押し上げていく」と強調した。また、「両国は地域の平和と繁栄に大きな責任を共有している」とした上で「昨年秋の訪中で習近平国家主席と互いに脅威とならないことを確認した」と述べた。

 中国の海洋進出に関しては「軍事活動を拡大、活発化させている。国防政策や軍事力の不透明性と相まって国際社会の安全保障上の強い懸念となっており、今後も強い関心をもって注視する必要がある」と語った。

 日韓関係については、慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要だとした韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長の一連の発言について「甚だしく不適切で極めて遺憾だ。引き続き謝罪と撤回を求めていく」と重ねて述べた。いわゆる徴用工訴訟やレーダー照射問題などに関しても「(韓国への)国内の厳しい見方は当然だ。政府としては国際法に基づき毅然(きぜん)と対応していく」と語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ