PR

ニュース 政治

安倍晋三首相「次は私が金正恩氏と向き合う」参院予算委詳報

Messenger
参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=5日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=5日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、北朝鮮による日本拉致問題の解決に向けて「次は私自身が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合わなければならないと決意をしている」と強調した。予算委員会での主なやりとりは次の通り。

米朝首脳会談

 矢倉克夫氏(公明)「政府がより主体的に、独自に北朝鮮に向き合っていく必要性もあると思うが、今後の対応は」

 首相「北朝鮮に核兵器や生物・化学兵器を含む全ての大量破壊兵器の廃棄や、日本を射程に収める中距離や短距離を含むあらゆる射程のミサイルの廃棄を求めていく方針に変わりはない。米国とはあらゆるレベルで緊密に連携し、われわれの考えをしっかりと伝えている。拉致問題はまさに日本の問題だ。日本が主体的に取り組むことが重要で、次は私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と向き合わなければならないと決意をしている。一日も早い解決に向けてあらゆるチャンスは逃さないという基本方針で、解決に向けて全力を傾けていきたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ