PR

ニュース 政治

自民党内に波紋 二階氏の小池都知事再選支持

Messenger
衆院補選候補の応援に駆けつけた小池百合子都知事。左は二階俊博自民党幹事長=2016年10月11日、東京都豊島区(納冨康撮影)
衆院補選候補の応援に駆けつけた小池百合子都知事。左は二階俊博自民党幹事長=2016年10月11日、東京都豊島区(納冨康撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は5日の記者会見で、来年夏の東京都知事選に小池百合子知事が再選を目指して立候補した場合、全面的に協力すると発言したことに関し「他に選択があるか。自民党が候補者を立てて党を挙げて大騒ぎしても勝てるのか。勝てなければ意味がない」と述べ、小池氏支持の考えを改めて示した。

 小池氏は5日、都内で記者団に「非常に力強く『支えていくよ』という言葉をいただき、ありがたく思っている」と語った。ただ、再選への態度は明らかにしなかった。

 小池氏が平成28年の都知事選で自民党の推薦候補を破って初当選して以来、党都連との対立が続いており、二階氏の発言は「発言撤回を申し入れたい」(都連幹部)など党内に波紋を広げている。

 自民党の加藤勝信総務会長は5日の記者会見で「候補者から推薦申請があり、議論して決めるのが党の決定だ。党の意思を決定する状況にはない」と述べた。吉田博美参院幹事長は「党としてどうするか二階氏からお聞きした上でみんなで議論し、決めていくことが大事だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ