PR

ニュース 政治

大阪ダブル選なら候補者擁立 自民府連は全面対決へ

 自民府連は2日、選挙対策会議を開き、統一選と同日に大阪府知事選、大阪市長選のダブル選が行われることになった場合、それぞれに候補者を擁立する方針をあらためて確認した。候補者について府連会長の左藤章衆院議員は会議後、「(今月)9日にはほぼ決まっている状態にもっていきたい」と語った。

 左藤氏は「自民党、公明党を中心に候補者を決めたい」「ひとつの政策集団をつくり、支援してもらう体制をつくりたい」とも言及。「反維新」の勢力を結集したい考えを強調した。

 立憲民主党や国民民主党は独自候補の擁立は困難な情勢で「(自民の)候補者と政策次第だが、反維新でまとまることができれば」(連合大阪幹部)と連携を模索。共産党も、まだ方針は固まっていないとしながら「最大限、反維新で共闘したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ