PR

ニュース 政治

島尻元沖北相が立候補表明 衆院沖縄3区補選

衆院沖縄3区補欠選挙への立候補を正式表明する島尻安伊子氏=2日午前、沖縄県沖縄市
衆院沖縄3区補欠選挙への立候補を正式表明する島尻安伊子氏=2日午前、沖縄県沖縄市

 元沖縄北方担当相の島尻安伊子(しまじり・あいこ)氏(53)は2日、沖縄県知事に転出した玉城(たまき)デニー氏の衆院議員失職に伴う4月21日投開票の衆院沖縄3区補欠選挙に、自民党公認で立候補すると正式に表明した。3区は、米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の移設先、名護市辺野古を抱える。

 島尻氏は沖縄市で記者会見し、「辺野古のスタンスは政策発表で述べる」として態度を明言しなかった。一方で「普天間の危険性除去のため、固定化を避けなければならない。選挙では沖縄振興を訴えたい」と述べた。

 島尻氏は仙台市出身。那覇市議を経て平成19年に参院補選で初当選した。22年に再選されたが、沖北相だった28年に落選。同年から今年1月まで沖北相補佐官を務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ