PR

ニュース 政治

自民、三・一式典「7500人殺害」言及の文大統領に批判相次ぐ

Messenger
1日、ソウル市内で開かれた「三・一独立運動」100年の政府式典に参加する文在寅大統領(中央)(共同)
1日、ソウル市内で開かれた「三・一独立運動」100年の政府式典に参加する文在寅大統領(中央)(共同)

 自民党は1日、外交部会や国防部会などの合同会議を党本部で開いた。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「三・一独立運動」の100周年を記念する式典で行った演説に対し、出席議員からは厳しい批判が相次いだ。日本政府にも韓国側に強く抗議するなど毅然とした対応を求める意見が出た。

 文氏は演説で、独立運動の際に日本側に「約7500人が殺害された」と述べた。合同会議で議員からは文氏が挙げた人数が「既成事実化される」などとして韓国側への反論や、国際社会への周知などを求める声が上がった。

 文氏は「過去の傷口をほじくって対立要因を作ろうというのではない」「外交も未来志向で行わなければならない」とも述べた。このため、出席議員からは「どの口が言っているのか」「やっていることと言っていることが違う」などの批判が出た。

 いわゆる徴用工訴訟や自衛隊機へのレーダー照射問題、天皇陛下への国会議長の暴言など、日本政府の度重なる抗議にも関わらず、韓国側の反日的な動きは続いており、合同会議では、外務省に対して緊張感を持って対応するよう求める意見もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ