PR

ニュース 政治

文在寅大統領演説「日韓協力の重要性に触れた」 野上浩太郎副長官

Messenger
1日、ソウル市内で開かれた「三・一独立運動」100年の政府式典で演説する文在寅大統領(共同)
1日、ソウル市内で開かれた「三・一独立運動」100年の政府式典で演説する文在寅大統領(共同)

 野上浩太郎官房副長官は1日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の100周年の記念式典で行った演説について「対日関係、日韓協力の重要性に触れたものと認識している」と述べた。

 その上で、慰安婦に関する日韓合意の不履行や、いわゆる徴用工訴訟の問題などを念頭に「日韓関係は非常に厳しい状況にあるが、政府としてはさまざまな問題についてのわが国の一貫した立場に基づき、引き続き韓国側に適切な対応を求める」と強調した。

 文氏は演説で「歴史の立て直しこそが重要で、(日本の統治に協力した)親日の残滓(ざんし)清算が課題だ」と訴えた。「朝鮮半島の平和のために日本との協力を強化する」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ