PR

ニュース 政治

安倍首相「安易に譲歩せぬ決断支持」 電話会談後の発言全文

Messenger
トランプ米大統領との電話会談を終え記者団の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相公邸(春名中撮影)
トランプ米大統領との電話会談を終え記者団の質問に答える安倍晋三首相=28日午後、首相公邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は28日夜、トランプ米大統領と電話で会談し、ベトナムの首都ハノイで行われた2度目の米朝首脳会談について報告を受けた。電話会談後、公邸前での記者団とのやり取りの全文は次の通り。

 先ほどトランプ氏と電話首脳会談を行い、2回目の米朝首脳会談の結果について報告を受けた。朝鮮半島の非核化を実現するとの強い決意のもと、安易な譲歩を行わず、同時に建設的な議論を続け、北朝鮮の具体的な行動を促していく。そのトランプ氏の決断を日本は全面的に支持する。

 日本にとって重要な拉致問題については、昨夜の通訳を交えての1対1の会談で、私の拉致問題についての考え方を金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に伝えていただいた。詳細については、ここで紹介することは差し控えるが、その後の夕食会でも再びトランプ氏が拉致問題を提議し、首脳間で真剣な議論が行われたと聞いている。

 次は、私自身が金氏と向き合わなければいけないと決意している。今後とも拉致問題、核問題、ミサイル問題の解決に向けて日米でしっかりと緊密に連携していきたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ