PR

ニュース 政治

菅長官「あなたに答える必要ない」の真意を説明

Messenger
会見に臨む菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=27日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、東京新聞記者から26日に「この会見は何のための場だと思っているのか」と尋ねられたのに対し「あなたに答える必要はない」と述べたことの真意を説明した。朝日新聞記者に発言の趣旨を問われ「これまで累次にわたって、記者会見は質問に対し政府の見解を答える場だと述べてきた。そのことをあえて繰り返さない趣旨で言った」と語った。

 菅氏はまず26日午前の会見で、官邸報道室長の「質問妨害」を訴える東京記者に「妨害していることはあり得ない。会見は政府の考え方を国民に知ってもらうことが基本だ。質問に移ってほしいということだ」と反論した。

 同記者は26日午後の会見でも、官邸が東京新聞に送った抗議文を取り上げ「質問や表現の自由にまで及ぶものが多数あった」と指摘したため、菅氏は「意見を申し入れる場ではない」と重ねて苦言を呈していた。

 27日の会見では、こうした経緯を踏まえ「(26日)午前と午後に発言し、さらに(何のための場だと思っているかとの)質問があったので、繰り返す必要はないということで言った」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ