PR

ニュース 政治

「青木・竹下王国」崩壊の危機 島根知事選で自民分裂

Messenger
島根県知事選に出馬する大庭誠司氏(右端)の事務所開きに出席した細田博之元官房長官(右から2人目)、青木一彦参院議員(同3人目)ら島根県選出の国会議員=23日、松江市
島根県知事選に出馬する大庭誠司氏(右端)の事務所開きに出席した細田博之元官房長官(右から2人目)、青木一彦参院議員(同3人目)ら島根県選出の国会議員=23日、松江市

 竹下登元首相と青木幹雄元官房長官の下で築かれた「王国」が、崩壊の危機に直面している。現職の溝口善兵衛氏が引退する島根県知事選(4月7日投開票)で、自民党からは青木氏や登氏の弟、竹下亘前総務会長らが元総務省消防庁次長の大庭誠司氏を擁立、党本部も支持を決めた。これに対し、県議22人の6割にあたる14人が元総務官僚の丸山達也氏を支援し、自民分裂は避けられなくなった。

 23日、竹下氏の地盤、島根2区に位置する島根県大田市。生越(おごし)俊一県議は自身の支援者を集めた集会に丸山氏を呼んだ。丸山氏は「リスクを伴ったご支援だ」と謝意を述べた。

 「(県議会の)竹下派14人が、新しい島根を作ろうとがっちり手を組んだ」

 集会でこう訴えたのは、7期目の洲浜(すはま)繁達県議。登氏や竹下氏を支えてきた実力者が、今回は対峙(たいじ)する。

 島根県は、中央政界で最大派閥を率いた登氏と、青木氏が権勢をふるった。竹下氏は党県連会長だ。

 過去の知事選は国会議員が主導した。だが、ある県議はこう強調する。

 「県政のことは地元の意見を尊重してほしい。上から地元に指示を流すやり方と決別せんといけんわ」

 溝口氏が病気療養中の昨年4月。五百川(いおがわ)純寿氏ら竹下・青木系の7期以下の県議による丸山氏擁立の動きを地元紙が報じた。県連所属の国会議員5人や重鎮県議には寝耳に水だった。

 丸山氏は福岡県出身だが、平成28年春まで県政策企画局長を務めた。県議らとのつながりは深いが、竹下、青木両氏と面識はなく、丸山氏擁立について国会議員側は「地元出身ではない」として認めなかった。「一部の県議が県政の主導権を握ろうとする動き」とみている。

 1月9日の県連会合で、竹下氏は県議の声を押し切り、県連として松江市出身の大庭氏を推薦すると決めた。直後、竹下氏は食道がんの療養に入り、戦線を離れた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ