PR

ニュース 政治

桜田五輪相、五輪憲章「参照していた」

前のニュース

13日午前の衆院予算委員会を終え無言で委員室を後にする桜田義孝五輪担当相=国会内(春名中撮影)
13日午前の衆院予算委員会を終え無言で委員室を後にする桜田義孝五輪担当相=国会内(春名中撮影)

 政府は26日の閣議で、桜田義孝五輪相が五輪の根本原則を定めた五輪憲章について「職務の遂行に当たり、必要に応じて参照してきた」との答弁書を決定した。桜田氏が昨年11月の参院文教科学委員会で「東京大会の準備において、五輪憲章の理念を具現化すべく組織委員会や関係省庁と連携する」と答弁したことを「憲章を参照」の理由に挙げた。

 桜田氏は今月13日の衆院予算委員会で「話には聞いているが、自分では読んでいない」と発言。大会推進本部事務局は「一言一句は読んでいないとの趣旨」と説明している。立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ