PR

ニュース 政治

日本政府、慰安婦問題の合意履行を韓国に申し入れ

Messenger
ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦像=2017年5月(川口良介撮影)
ソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦像=2017年5月(川口良介撮影)

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相がスイスの国連人権理事会での演説で慰安婦問題に関する2015年の日韓合意が不十分だとの立場を示したことについて、日韓合意の着実な実施を強く求める申し入れを韓国側に行ったことを明らかにした。申し入れは、現地時間25日午後、スイスの在ジュネーブ国際機関日本政府代表部大使から韓国政府代表部大使に対して行った。

 菅氏は会見で、日韓合意について「慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決を日韓政府間で確認したものだ。政権が代わっても責任を持って実施されないといけない」と指摘。「合意の着実な実施は、わが国はもとより国際社会に対する責務だ」と強調した。

 康氏は演説で、国連の人種差別撤廃委員会が昨年8月、日本政府に慰安婦問題で「被害者中心のアプローチによる解決」を勧告したことに触れ「これまでの努力はこうした視点を欠いた。われわれは史実に基づく正義を求める生存者を支援する」と発言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ