PR

ニュース 政治

【沖縄県民投票】岩屋防衛相「準備が整い次第、一歩ずつ前に」

沖縄県民投票の結果を受け、記者の取材に応じる岩屋防衛相=25日午前、国会
沖縄県民投票の結果を受け、記者の取材に応じる岩屋防衛相=25日午前、国会

 岩屋毅防衛相は25日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設を問う県民投票で「反対」が有効投票の7割を超えたことについて「結果は真摯(しんし)に受け止めたい」とする一方「国は安全保障上の課題を抱えている」とも指摘し、今後も移設作業を進めていく考えを示した。国会内で記者団に答えた。

 岩屋氏は県民投票について「もちろん一つの沖縄の民意だと思うが、普天間基地の返還も沖縄の強い民意だ」と述べた。今後の移設作業については「準備が整い次第、一歩ずつ前に進めていきたい」と語った。要請があれば沖縄県の玉城デニー知事と面会する意向も示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ