PR

ニュース 政治

安倍首相、辺野古移設「これ以上先送りできない」 沖縄県民投票

米軍普天間飛行場移設を巡る沖縄県民投票の結果について取材に応じる安倍首相=25日午前、首相官邸
米軍普天間飛行場移設を巡る沖縄県民投票の結果について取材に応じる安倍首相=25日午前、首相官邸
その他の写真を見る(1/2枚)

 安倍晋三首相は25日午前、24日に投開票された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設を問う県民投票で「反対」が有効投票の7割を超えたことについて「結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組む。世界で最も危険といわれる普天間基地が固定化されることは絶対に避けなければならない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

 首相は「日米が(平成8年に)普天間基地の全面返還に合意してから20年以上実現されず、これ以上先送りはできない。ご理解いただけるよう全力で県民との対話を続けていきたい」と強調した。

 その上で「単に辺野古に新たな基地をつくるということではなく、危険な状況にある普天間基地を全面返還し、移設するための基地であることもご理解いただきたい」と重ねて訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ