PR

ニュース 政治

玉城知事「重要な意義」、結果を通知へ 首相、面会の意向 県民投票

【沖縄県民投票】県民投票の開票を受け、取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=25日未明、那覇市(桐原正道撮影)
【沖縄県民投票】県民投票の開票を受け、取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事=25日未明、那覇市(桐原正道撮影)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を問う県民投票は24日投開票され、「反対」が7割超となった。有権者(暫定値115万3591人)の4分の1も超えた。これを受け玉城(たまき)デニー知事は結果を安倍晋三首相とトランプ米大統領に通知し、辺野古移設断念を求める。政府は首相が玉城氏と面会する方向で調整しているが、結果に法的拘束力はなく移設を進める考えだ。

 県民投票は賛否と「どちらでもない」の3択で問われ、期日前投票も合わせた投票率は52・48%だった。県の発表によると、午後11時半時点で、反対は43万4149票(開票率99%)に達し、昨年9月の知事選で玉城氏が獲得した39万6632票も超えた。

 玉城氏は25日未明、「今回、辺野古移設反対の民意が埋め立てに絞って明確に示されたのは初めてで、極めて重要な意義がある」と指摘。「県民の断固たる民意を真正面から受け止め、移設工事を中止するよう強く求める」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ