PR

ニュース 政治

沖縄県民投票、午後4時投票率は21%

沖縄県民投票で、反対への投票を呼びかける市民ら=24日午後、沖縄県うるま市(桐原正道撮影)
沖縄県民投票で、反対への投票を呼びかける市民ら=24日午後、沖縄県うるま市(桐原正道撮影)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票は、24日午後も投票が続いた。同8時までに締め切られ、23日に繰り上げ投票が実施された一部の投票所分と合わせて即日開票される。24日夜に大勢が判明する見通し。

 県によると、午後4時現在の投票率は21.28%。投票率が50%を超えるかどうかや、各選択肢の得票率も焦点となっている。

 投票は辺野古沿岸部の埋め立てについて「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択で問う方式。最多となった選択肢が投票資格者(24日の速報値で115万3591人)の4分の1に達すると、玉城デニー知事は結果を尊重する義務を負う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ