PR

ニュース 政治

中国軍機が日韓防空識別圏侵入 竹島と鬱陵島間を初飛行 韓国抗議

 防衛省統合幕僚監部は23日、中国軍のY9情報収集機1機が同日、東シナ海から日本海の公海上を飛行したと発表した。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応に当たった。防空識別圏に侵入したが、領空侵犯はなかった。

     

【ソウル=桜井紀雄】韓国軍合同参謀本部は23日、中国軍機が、中韓が管轄権を争う東シナ海の暗礁、離於島(イオド)(中国名・蘇岩礁)南西から韓国と日本の防空識別圏に侵入したと明らかにした。中国軍機は、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)と鬱陵島(ウルルンド)の間を通るなどし、引き返したという。中国軍機が両島間上空を飛行するのは初めてだとしている。

 韓国軍は戦闘機を緊急発進させ追跡や警告を実施。韓国国防省と外務省が在韓中国大使館の駐在武官を呼び出し、強く抗議した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ