PR

ニュース 政治

【竹島の日】安藤裕政務官「毅然と粘り強く対応」 記念式典

溝口善兵衛知事(右)とともに竹島資料室を視察した安藤裕政務官(中央)=22日、松江市
溝口善兵衛知事(右)とともに竹島資料室を視察した安藤裕政務官(中央)=22日、松江市

 韓国による不法占拠が続く竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め同県が定めた「竹島の日」の22日、県は松江市の県民会館で記念式典を開いた。政府が派遣した安藤裕内閣府政務官は「毅然(きぜん)とした態度で、冷静に粘り強く対応していきたい」と述べた。

 式典は同県、県議会、竹島・北方領土返還要求運動県民会議が主催し、14回目。超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」所属や地元選出の国会議員を含む約500人が出席した。

 開会あいさつで、溝口善兵衛知事は「韓国側は竹島の占拠を既成事実化しようとする動きを強めている。外交交渉で竹島問題が話し合われるよう、政府に強く要望する」と訴えた。

 安藤政務官は「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も、わが国固有の領土ということは明らかで、竹島問題は主権に関わるきわめて重要な課題だ。韓国側の国会議員による竹島への上陸や周辺の海洋調査や韓国軍の軍事訓練など、到底看過できない」と強調。「みなさんの『断じて受け入れられない』との思いを改めて胸に刻み、毅然とした態度で冷静に粘り強く対応していきたい」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ