PR

ニュース 政治

自民・田畑氏の女性問題 議員辞職なら二階、岸田派対立に拍車も

Messenger

 離党届を提出している自民党の田畑毅衆院議員=比例東海=が女性に乱暴したとして刑事告訴されたことが20日に判明し、党内からは議員辞職を求める声が出始めた。田畑氏は二階派(志帥会、44人)所属で、辞職した場合は比例順位に従い岸田派(宏池会、48人)の吉川赳元衆院議員が繰り上げ当選する。吉川氏の地盤の静岡5区は、無所属で二階派入りした細野豪志元環境相の選挙区で、田畑氏への対応次第では混乱に拍車がかかることになる。(大島悠亮)

 「オレも驚いているんだよ」。田畑氏の刑事告訴について、党幹部はいらだちを抑えきれない様子でこう語った。田畑氏は今月15日、女性とのトラブルを理由に離党届を提出した。この段階では「痴情のもつれだ。示談するので離党もしなくて済む」との楽観論が党内に広がっていた。

 しかし、トラブルの詳細が明らかになると、党内の雰囲気は一変した。一度は開かないと決めた党紀委員会について、山東昭子委員長は二階俊博幹事長と約1時間にわたり協議した。

 党執行部は田畑氏に議員辞職はさせず、離党届の受理で事態を収拾したい考えだ。議員辞職の場合、細野氏の二階派入りをめぐる同派と岸田派の対立に油を注ぎかねない。次期衆院選で両氏がともに無所属で静岡5区に出馬し、勝者を追加公認する選択をすれば骨肉の争いともなり得る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ