PR

ニュース 政治

犯罪被害者支援条例を制定へ 埼玉県東松山市、県内で2市目

Messenger

 犯罪被害者らに平穏な生活ができる環境を整えようと、埼玉県東松山市は15日開会の2月議会に「犯罪被害者等支援条例案」を提出した。条例が制定されると、県内の40市では戸田市に次いで2市目。

 東松山市によると、支援の対象は犯罪の被害者と家族や遺族。条例は国や県、県警、民間支援団体などと連携し、犯罪被害者らが置かれている状況などにより、適切に被害の回復と軽減を図り、再び平穏な生活を営むことができる地域社会の実現を目指す。

 このため、従来も行ってきた相談や安全確保、啓発活動などをさらに進めるほか、けがなどを負った犯罪被害者の家事手伝いや病院の付き添いなどの支援も検討していく方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ