PR

ニュース 政治

児童養護施設で少女に暴言 東京都が虐待認定

Messenger

 東京都世田谷区の社会福祉法人「福音(ふくいん)寮」が運営する児童養護施設のグループホームで、40代の女性職員が入所中の中学1年の少女(13)に「ブス」「みんなが困っている」などと暴言を吐き、都が虐待と認定していたことが14日、寮への取材で分かった。寮の飯田政人施設長は取材に「申し訳なかった」と謝罪した。

 寮側によると、昨年5月に自立支援計画書作成のため都の児童相談所(児相)が少女と面談したところ、「嫌なことを言われている」などと訴えた。その後、児相が調査し、同9月に心理的な虐待にあたると認定。平成27~28年ごろ、この職員は少女を「ふて腐れているとブスな顔といわれる」「切り替えをうまくしないとみんなが困っている」などと大声で叱責したという。

 同じ職員による少女への暴力があったとの情報もあり、都が再調査している。寮は内部の聞き取りから「身体的な暴力はなかったと聞いている」と説明。都は「個別の案件は答えられない」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ