PR

ニュース 政治

公明・北側副代表 沖縄県民投票は静観の構え

Messenger
米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設容認派が南城市に掲げた旗(左)と、反対派が那覇市に掲げた旗=14日午前
米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設容認派が南城市に掲げた旗(左)と、反対派が那覇市に掲げた旗=14日午前

 公明党の北側一雄副代表は14日の記者会見で、同日告示された米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設を問う県民投票について「党中央として、『こうすべきああすべき』ということは考えていない。党県本部の判断で対応する」と述べ、静観する構えをみせた。

 県民投票が賛否に「どちらでもない」を加えた3択方式で行われることに関しては「『これにすべし』と方向性を出すとは県本部から聞いていない。結果を注目していきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ