PR

ニュース 政治

河野外相「文議長の発言は甚だしく無礼」

Messenger
衆院予算委で答弁する河野外相。右端は安倍首相=13日午前
衆院予算委で答弁する河野外相。右端は安倍首相=13日午前

 13日の衆院予算委員会での主なやりとりは次の通り。

【韓国国会議長の不適切発言】

 中山泰秀氏(自民)「韓国の文喜相(ムン・ヒサン)議長による『従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言で解決される』との発言が日本人の心も魂も傷つけていることに対してどう考えるか」

 河野太郎外相「文議長の発言は甚だしく無礼だ。その後も同じ趣旨の発言を繰り返し、極めて遺憾だ。これまでに韓国側には5回ほど抗議し、謝罪と撤回を申し入れている。現時点で謝罪や撤回に応じるとの反応はない。韓国側から誠意ある対応があると期待し、注視していきたい」

 安倍晋三首相「いわゆる従軍慰安婦問題は(平成27年の)日韓合意で完全かつ不可逆的に解決した。政権が代わったからといって、合意を覆されるなら国と国との関係はそもそも成り立たない。多くの国民が驚きと怒りを感じただろうと思う。引き続き謝罪と撤回を求める」

【「がっかり」発言】

 寺田学氏(立憲民主会派)「池江璃花子選手の白血病告白に『金メダル候補で期待している選手なので、がっかりしている』と発言。どうかしている」

 桜田義孝五輪相「突然の話にショックを受け、率直に残念である旨の発言をした。『がっかりしている』『盛り上がりが若干下火になるか心配だ』という部分は配慮を欠いたと思う。おわびし、撤回する。とにかく治療を最優先で頑張ってほしい」

 階猛氏(国民民主)「桜田氏を続投させてよいのか」

 首相「今回の発言は確かに、配慮に欠いた発言だ。(桜田氏)本人も撤回し、謝罪をした。そのことをしっかりと胸に刻みながら、大臣としての職責を果たしていってもらいたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ