PR

ニュース 政治

藤田参院議員の離党届、扱い決まらず 国民民主総務会

Messenger

 国民民主党は13日の総務会で、藤田幸久参院議員が提出した離党届の扱いの協議を見送った。小林正夫総務会長は記者団に「平野博文幹事長がまだ(藤田氏に対し)聞くべき内容があるのだろう」と説明した。党執行部は引き続き藤田氏を慰留する構えだ。

 参院では現在、立憲民主党と国民民主党が27人の同数で野党最大会派となっており、藤田氏が会派を抜ければ立憲民主党が単独野党第一会派に就く。藤田氏は立憲民主党入党を目指す考えを表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ