PR

ニュース 政治

桜田五輪相「配慮欠いた」 発言撤回も辞任は否定

Messenger
午前の衆院予算委員会を終え無言で委員室を後にする桜田義孝五輪担当相=13日午後、国会内(春名中撮影)
午前の衆院予算委員会を終え無言で委員室を後にする桜田義孝五輪担当相=13日午後、国会内(春名中撮影)

 桜田義孝五輪担当相は13日の衆院予算委員会で、競泳の池江璃花子選手の白血病公表について「がっかりしている」と発言したことに関し、「配慮を欠いた。おわびし、撤回する」と述べた。「(池江選手は)治療を最優先にして頑張ってほしい」とも語った。

 野党側の辞任要求に対して「職務を全力で全うするつもりだ。今までの分も挽回できるように、一生懸命頑張りたい」と拒否した。安倍晋三首相も「しっかりと職責を果たしてもらいたい」と拒んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ