PR

ニュース 政治

菅官房長官、韓国議長発言「韓国の誠意ある対応注視」

Messenger
会見に臨む菅義偉官房長官=13日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=13日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、慰安婦問題をめぐり、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が天皇陛下による謝罪で解決すると発言したことに関し「わが国の厳しい立場は累次にわたって韓国側に強く申し入れており、先方の誠意ある対応を注視している」と述べた。文氏の発言について菅氏は「甚だ不適切な内容を含むもので極めて遺憾だ」と重ねて強く批判した。

 一方、日韓両政府が今月15~17日にドイツ・ミュンヘンで開かれる安全保障分野の国際会議に合わせ河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)外相の会談を行う方向で調整を始めたとの一部報道については「河野氏の会議出席は可能な限り実現したいが、国会日程などを踏まえる必要があり、関係方面と調整している。外相会談は何も決まっていない」と語った。

 また、日韓議員連盟の額賀福志郎会長が13日、ソウルで韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談したことに対しては「個別の議員外交の見通しについてコメントは控えたい」とした。

 その上で「現在の日韓関係は厳しい状況にあるが、わが国の一貫した立場に基づき、韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ