PR

ニュース 政治

首相、韓国議長発言に「多くの国民が驚きや怒り」

Messenger
衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=13日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は13日午前の衆院予算委員会で、慰安婦問題について天皇陛下による謝罪で問題が解決するとした韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長の発言に関し「多くの国民が驚きや怒りを感じたと思う。文議長はその後も同趣旨の発言を繰り返しており、極めて遺憾。引き続き謝罪と撤回を求める」と重ねて強調した。

 河野太郎外相は韓国側に5回ほど抗議や謝罪・撤回を申し入れたことを明かした。河野氏は「現時点で謝罪や撤回に応じるとの(韓国側の)反応はない」としつつ、「わが国の厳しい立場を累次にわたり伝達している。韓国側から誠意ある対応があるものと期待し、注視したい」と語った。

 また、首相は慰安婦問題について「完全かつ不可逆的に解決した。日韓両国が国と国とで約束をした」と改めて説明。「政権が変わったからといってそれが覆されれば、国と国の関係はそもそも成り立たない」と述べ、韓国側の姿勢を批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ