PR

ニュース 政治

ワタミ創業者の自民・渡辺美樹氏が参院選不出馬、政権批判も

Messenger
記者会見で参院選不出馬を表明する自民党の渡辺美樹参院議員=13日午前、国会内(田中一世撮影)
記者会見で参院選不出馬を表明する自民党の渡辺美樹参院議員=13日午前、国会内(田中一世撮影)

 自民党の渡辺美樹参院議員(比例代表)は13日午前、改選を迎える夏の参院選に出馬せず、政界を引退する意向を表明した。平成25年の初当選時に公約した「財政再建」と「原発ゼロ」が進まず、議員を続けても実現できる見通しがないことを理由に挙げた。

 渡辺氏は外食チェーン大手の「ワタミ」創業者で当選1回。国会内で記者会見し、「経済成長なくして財政健全化なし」との安倍晋三政権の方針について「経済成長しなかったら国は破産してよいのか。そんな崖っぷちの経営をすべきではない」と苦言を呈した。「私は経営者であり、売り上げが増えなくても潰さない会社をつくるのが社員や株主のためだ」とも語った。

 また、党財務金融部会で日銀の金融政策の「出口戦略」に関する議論を試みた際に「党と官邸の意向で止められた」とし、「『財政再建には触れさせない』という強い意思がある」と主張した。「経営は少ないお金でたくさんのことをやった人が評価される。永田町では予算をたくさん使っている方がよく、経営とはかなり感覚が違う」とも強調した。

 自身の6年間の議員活動については「0点。何1つ実績を残せなかった」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ