PR

ニュース 政治

菅官房長官「甚だしく不適切で極めて遺憾」 韓国国会議長発言の謝罪と撤回要求

Messenger
韓国国会の文喜相議長
韓国国会の文喜相議長

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、韓国国会の文喜相議長が天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決すると発言したことについて、外交ルートを通じて抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。「甚だしく不適切な内容を含むもので極めて遺憾である旨を厳しく申し入れ、強く抗議した」と述べた。

 菅氏によると、8日に外務省の局長級で申し入れを行い、9日には長嶺安政駐韓大使が韓国外務省第1次官に申し入れた。韓国政府からは文氏の発言が意図とは違うように報じられたと説明があったという。

 文氏は米ブルームバーグ通信のインタビューで「日本を代表する(安倍晋三)首相から(謝罪の)一言でいい。近く退位されるのだから、天皇がそれを行うことを願う」とし、陛下は「戦争犯罪の主犯の息子ではないのか」と指摘。「そのような人が、高齢の元慰安婦の手を握り本当に申し訳なかったといえば、これを最後に問題は解決する」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ