PR

ニュース 政治

細野氏処遇で執行部に説明求める 自民・静岡県連

Messenger
衆院本会議で自民党・二階俊博幹事長の元挨拶する無所属の細野豪志氏(右)=5日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議で自民党・二階俊博幹事長の元挨拶する無所属の細野豪志氏(右)=5日午後、国会(春名中撮影)

 自民党の全国幹事長会議で9日、無所属の細野豪志元環境相(衆院静岡5区)の二階派入りに関し、静岡県連が党執行部に説明を求める場面があった。藪田宏行県連幹事長が統一地方選に影響しかねないとただした。二階派に所属する林幹雄幹事長代理は「細野氏は入党したわけでなく、自民党会派入りも今は考えていない。あくまで無所属だ」と理解を求めた。

 二階派を率いる二階俊博幹事長は言及しなかった。藪田氏は会議後、記者団に「納得できない。機会があれば二階氏にも聞きたい」と述べた。

 幹事長会議に先立つ党青年局の会議では、静岡県連が党静岡5区支部長を務める吉川赳元衆院議員の支援を要請。吉川氏が所属する岸田派の岸田文雄政調会長は「派閥対派閥レベルの話に矮小化されてしまう」と述べ、党内にあつれきが広がることへの懸念を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ