PR

ニュース 政治

大西康之元政策統括官、上司報告は5日後  統計不正で衆院予算委参考人招致

Messenger
衆院予算委員会に参考人招致され答弁に臨む厚生労働省大西康之前政策統括官。後方左から3人目は根本匠厚生労働相=8日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会に参考人招致され答弁に臨む厚生労働省大西康之前政策統括官。後方左から3人目は根本匠厚生労働相=8日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 衆院予算委員会は8日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して平成31年度予算案の基本的質疑を始めた。更迭された厚生労働省の大西康之元政策統括官が参考人として出席し、同省の「毎月勤労統計」の不適切調査について「昨年12月13日に初めて知った」と説明した。

 大西氏は同委で、厚労審議官や官房長など上司へ問題を報告したのは、5日後の同月18日に部下を通じて行ったと明らかにした。大西氏は厚労省の統計部門の責任者だった。

 また、厚労省で一連の問題を再調査している特別監察委員会の樋口美雄委員長は、調査内容について「今後の検討に影響を及ぼす危険がある」と答弁を避けた。同時に「厚労省に手心を加えるつもりは一切ない」とも述べた。

 根本匠厚労相は厚労省の対応について「不適切な取り扱いを漫然と踏襲し、上司への報告を怠り、適切に判断しない」と問題点を指摘した。「省全体が国民の目線を忘れず、寄り添った行政ができる体制を構築しなければならない。信頼回復に努めることが私の責任だ」とも述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ