PR

ニュース 政治

「小沢アレルギー」より党勢低迷に不安、勢い失う国・由合併慎重論

Messenger

 旧民進党分裂後、野党内の主導権は立憲民主党が握り続けてきた。国民民主党には政党支持率が上向く兆しもない。この流れを断ち切るには小沢氏の力にすがるほかない-。党内ではこうした「消極的合併容認論」が大勢を占めている。

 確かに、約100億円の内部留保金を持つ国民民主党に小沢氏が合流すれば、往年の「剛腕」を発揮する環境が整い、局面を打開できると読むこともできる。

 ただ、他党の幹部らの間で「小沢新党」を脅威に感じる雰囲気は乏しい。

 「国民民主党にとって合併はマイナスだと思う。小沢氏を100億円で買うのは高いよね」

 立憲民主党幹部は冷ややかに語った。(松本学)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ