PR

ニュース 政治

元慰安婦告別式、西村官房副長官「ウィーン条約に照らし問題」

Messenger
1日、ソウルの日本大使館前で行われた金福童さんの告別式(桜井紀雄撮影)
1日、ソウルの日本大使館前で行われた金福童さんの告別式(桜井紀雄撮影)

 西村康稔官房副長官は1日午前の記者会見で、韓国・ソウルの日本大使館前で行われた元慰安婦、金福童(キム・ボクトン)さんの告別式について「在韓国大使館の安寧を妨害、または威厳を侵害するものであれば、外交関係に関するウィーン条約の規定に照らして問題がある」との認識を示した。

 金さんは生前、大使館前で毎週水曜日に日本政府に抗議する集会にたびたび出席し、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の破棄などを訴えてきた。死去をきっかけに日本に改めて謝罪や賠償を求める動きが高まる可能性がある。

 西村氏は記者会見で「わが国大使館の安寧が保たれることの重要性については、平素から韓国側に申し入れている」と強調した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ