PR

ニュース 政治

玉城デニー沖縄県知事、県民投票「どちらでもない」は「どっちでもいいかな」 中立性疑問も反辺野古の立場鮮明

Messenger
講演で大学生の質問に答える沖縄県の玉城デニー知事=28日夕、那覇市内の沖縄大学
講演で大学生の質問に答える沖縄県の玉城デニー知事=28日夕、那覇市内の沖縄大学

 沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は28日、那覇市内の沖縄大学で講演した。米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)の名護市辺野古移設に関して問う県民投票に新たに加わる選択肢「どちらでもない」について「うーん、わかんねえな、どっちでもいいかな」と説明した。

 「どちらでもない」は、宜野湾市の松川正則市長らが辺野古移設を消極的に容認する立場を反映させるため賛否2択の見直しを求め、新里米吉議長が県議会各会派に提案して合意した経緯がある。

 玉城氏はまた、県民投票の質問を受けた際に「公職選挙法によって正しい意見を言い、正しい行動を行い、政治活動の中で辺野古に基地をつくらせない活動をすることが認められている」と述べた。県民投票条例では知事による中立的・客観的な情報提供が規定されており、松川氏らは知事の中立性を疑問視していた。

 賛否2択に「どちらでもない」を加えた県民投票条例改正案は29日の県議会で可決され、2月24日に全41市町村で投開票される見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ