PR

ニュース 政治

河野外相「粛々と韓国側が応じるだろう」 徴用工判決の協議要請で

Messenger
韓国の康京和外相(手前)と会談する河野外相=23日、スイス・ダボス(共同)
韓国の康京和外相(手前)と会談する河野外相=23日、スイス・ダボス(共同)

 河野太郎外相は25日の記者会見で、いわゆる徴用工判決をめぐり、日本政府が1965(昭和40)年の日韓請求権協定に基づき韓国政府に要請した2国間協議について「(両国間に)紛争が起きているのは明白なので、粛々と韓国側が応じるものと考えている」と述べ、要請を受けるよう重ねて求めた。

 河野氏は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と23日にスイスのダボスで会談した際にも「早期にこの問題を解決したい」と速やかに協議に応じるよう要請した。だが、康氏は韓国側の立場を述べるにとどまった。

 韓国の文在寅大統領は今月10日の記者会見で「日本の政治指導者らが政治的な争点としている」と安倍晋三政権を批判し、協議に応じる姿勢を見せていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ