PR

ニュース 政治

国民・自由両党 統一会派結成で合意 合併協議に先行

Messenger
国会内での会談後、握手する国民民主党の玉木代表(右)と自由党の小沢共同代表=24日午前
国会内での会談後、握手する国民民主党の玉木代表(右)と自由党の小沢共同代表=24日午前

 国民民主党の玉木雄一郎、自由党の小沢一郎両代表は24日午前、国会内で会談し、28日の通常国会召集までに衆参両院で統一会派を組む方針を確認した。両党の合併を念頭に政策協議を行うことでも合意した。

 会談後、玉木氏は党の両院議員総会でこれらの方針を諮り、了承を取りつけた。統一会派が実現すれば参院では立憲民主党を抜いて野党第一会派となる。

 会派結成を合併協議に先行させたのは、国民民主党内に政党合併への慎重論が強いためだ。玉木氏は両院議員総会で「合流」や「合併」などの表現は用いずに「野党の大きな結集を図る第一歩として自由党との連携強化に踏み出したい」と説明した。

 小沢氏は会談後「2党で連携を密にし、統一会派を結成する。野党の大同団結を最終の目標にしながら、この機会をその一歩とする」と記者団に語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ