PR

ニュース 政治

「中露が手を組む事態だけは避けねば」 安倍首相が目指す日露新時代とは

Messenger

 ただ、旧ソ連による北方領土占領は理不尽極まりなく、日本国民の不信は根強い。ロシアによる北方領土の歴史と主権に関する事実と異なる主張をうのみにすれば国民も納得しない。

 また、ロシアと経済のみならず安全保障でも関係を深めれば、ロシアと対立を深める欧州の不信を招くリスクも伴う。

 それでも首相は、2島返還を優先させ、日露の新時代を築く外交方針を選択した。悩んだ末の決断だといえるが、条約締結の意義を国民に丁寧に説明する責任がある。(モスクワ 小川真由美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ