PR

ニュース 政治

「不適切な世論戦をせず、正確な証拠示せ」 防衛省の証拠公開方針に韓国国防省

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省報道官は21日の定例記者会見で、韓国駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり、日本の防衛省が記録した電波信号の音を照射の証拠として公開するのを前に、「不適切な世論戦を展開せず、正確な証拠を提示するように」と訴えた。

 報道官は「探知音については、いつ、どんな方式で誰がやったのか、韓国駆逐艦から照射を受けたという時点の警告音が明らかにされねばならない。時間や方位、周波数の特性を確認できるログファイルを公開してこそ正確な情報が分かる」と述べた。

 さらに、「両国の専門家を交え、科学的で客観的な検証を受ければ済むことだ」とし、「不利な国際的な関心を転換するために、日本が不適切な世論戦争を繰り広げるのは適切ではないと思う」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ