PR

ニュース 政治

候補者一本化は統一選後 立民・枝野代表が参院選1人区で

Messenger
立憲民主党の枝野幸男代表(斎藤良雄撮影)
立憲民主党の枝野幸男代表(斎藤良雄撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、鹿児島市での党会合で、夏の参院選を巡る改選1人区での最終的な野党候補一本化は、4月の統一地方選後になるとの見通しを示した。「統一地方選で野党各党が競い合う中で、調整はそう簡単にいかない」と語った。

 同時に「選挙の話は、時期が近づいて『ここで結論を出さないと戦えない』との状況にならないと進まない」と指摘。「候補者を1人に絞ってから2カ月あれば戦える」と強調した。

 会合後、記者団から通常国会の召集前に開く野党6党派代表による会談で、一本化に向けた日程感を示すのか問われ、「必ずしも無理に急ぐ必要はない」と述べた。他の野党から調整を急ぐべきだとの意見も出そうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ